タイトル未設定

駆け出しエンジニアが興味を持ったことを落書くブログです。

違和感のあるデザインの原因は?

リチャード・ワイズマンの動画

以下の動画は、説明なしで観た方が楽しめます。 なお、無音でも視聴可能な内容です。





この動画は、イギリスの心理学者 リチャード・ワイズマンが作ったものです。 人が持つ経験や知識を逆手にとって、遠近感や大きさの感覚を騙すことに成功しています。

このように、人は知識や経験による先入観を持つことがよくあります。

デザインにおける先入観の利用

デザインにおいては、この先入観を利用して、ものの距離感や大きさを表現することもできます。

一例として、山が見える風景写真では、遠い山が薄い色で、近い山が濃い色で見えます。

f:id:sho-ezawa-dev:20170308170446j:plain

これを利用すると、色の濃淡でイラスト内での距離感を表現することができます。

f:id:sho-ezawa-dev:20170308170708j:plain

逆に近い山を薄く、遠い山を濃くするなど、ユーザーが持つ経験や知識に反する表現すると、 ユーザーによっては違和感を感じてしまう可能性があります。

f:id:sho-ezawa-dev:20170308170923j:plain

まとめ

ユーザーが持つ先入観に逆らわないようにデザインするのが基本です。

おまけ

最初の動画を作ったリチャード・ワイズマンはデザインの専門家ではなく心理学者で、超常現象を疑問視する研究でも有名な方です。

今回の動画も先入観での見え方の違いを通して、超常現象への疑問を提起しています。